CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
筑波山

快晴の空の下、筑波山へ。

昔からの参詣道の『つくば道』から登りました。

つくば市北条地区から筑波山神社まで約一時間ほど、

いい感じでひなびた、のんびりした道を山を正面に見ながら行きます。


旧筑波山郵便局、とてもいい雰囲気。 


神社から山頂まではとてもにぎやかな登り道。

幼稚園くらいの子ども達からオジ様オバ様まで、

思い思いのペースで登っていく様子を見ていると、

さすがに人気の山ですね。


いろいろな奇岩を鑑賞。

山頂(女体山)

関東平野が一望できます。歩いて来た『つくば道』も。


M

| おでかけ | 00:00 | comments(0) | - |
川口暮らふとレポート
先週末の27日に行われた
「川口暮らふと」に行ってきました。
と言っても出店ではなく、「納品」です。
ご依頼をいただいていた商品の陳列棚を
デリバリーしました。
(イベント当日に納品とは・・・。お待たせしてすいませんでした。)

素敵なお花雑貨のmignonne8さん
持ち運びができるようにした『おかもち』のような形。
外したふたにペンダントやリースなどを展示できます。

こちらはかわいらしいブローチやコサージュの1KOさん
『トランク』型で、L字に開いて立てます。

今回は陳列台のお話をいただき、ありがとうございました。
いろいろ作るのは、いい勉強になります。

納品後は様々なブースを見て回り、おいしい食事をいただき、
いつも仲良くさせていただいている方々のブースに
遊びに行ったり、お手伝いしたり(邪魔したり)
たっぷり楽しみました。

さて、『川口暮らふと』は今年で2回目とのことでしたが、
2回目にして大変な完成度の高さを感じました。
それはおそらく、出展者の方々からよく言われている
運営スタッフの対応の良さや、
来る人を飽きさせない仕掛け作りや、
きちんとした広報活動によるのでしょう。
もちろん、出展者の作品のクオリティの高さもありますし、
その作品の見せ方のうまさにも、よるところがあるのでしょう。

このようないいイベントは是非とも、ずっと続けていただきたい。
欲を言えば、年に2回(春と秋)くらい開催してほしいなぁ。

M
| おでかけ | 01:57 | comments(0) | - |
ちょっとおすすめの その4
しつこく続けています、この『ちょっとおすすめの』シリーズ
今回は、こちら

埼玉県民にはご存知のスーパー、ヤオコーさんがつくったものです。
こういう文化面で社会貢献する姿勢は、すばらしい。
(我が家はヤオコーのヘビーユーザーなんです。)

川越氷川神社の裏の住宅街にあるこの建物は
伊東豊雄さんの設計。
水に囲まれて静かにたたずむその姿はとても素敵です。

ラウンジには喫茶スペースがあり、
おいしいおはぎを頂く事ができますよ。

M


| おでかけ | 00:44 | comments(0) | - |
ちょっとおすすめの その2
 
新潟県魚沼市の西福寺
写真は開山堂です。
(お堂の上には雪よけの大屋根がかかっています。)

ここは越後のミケランジェロ、石川雲蝶の彫刻が
たくさん見られる場所なんです。
お堂の中は撮影禁止なので、写真はありませんが
道元禅師にまつわる逸話をテーマにした彫刻物が多くを占めています。
航海中に嵐に見舞われた様子とか、
山で腹痛で苦しんでいたら、お稲荷様が薬をくれた話とか、
たいへんありがたい書物を写経していたら
疲れてしまったのか、筆を口にくわえてぼんやりしている姿とか
ユーモアがあって、見ていて飽きません。

そして一番の見所は天井の大彫刻でしょう。
龍、虎、ワシ、鯉、亀、サル、ヒバリなどの動物たちが
実に生き生きと彫られていて、今にも飛んで出てきそうな
迫力がありました。

こちらは廊下の穴を埋めた跡
葉っぱの形に埋木がされています。
これは矢羽根のかたち。
ほかにもいろいろなデザインがあったので
探しまわってみるのも楽しいですよ。

おもしろいアートの場は、まだまだたくさんあるんですね。

ちなみに、石川雲蝶さんは、江戸・雑司ヶ谷の生まれです。
明日の手創り市は、雑司ヶ谷の鬼子母神・大鳥神社で行われます。
ぜひお越しください。

M
| おでかけ | 21:36 | comments(0) | - |
ちょっとおすすめの
 
埼玉県川島町にある遠山記念館
日興証券の創立者、遠山元一が母親のために建てた邸宅です。

当時(昭和11年)最高の建築技術と最高級の材料を使っていて
見所がたくさんあります。
ケヤキやスギを多く使い、装飾を抑えた質素なデザインは
関東の豪農風(?)とでも言ったらいいのでしょうか。
さっぱりとしていて心地いい空間です。

見学者はあまり多くないので、ゆっくり楽しめると思います。
今週末には、建築家の隈研吾さんの講演があるそうです。

さて、kiitos!!の週末は、手創り市です。
大鳥神社での出店となりますので、よろしくお願いします。

M

| おでかけ | 00:12 | comments(0) | - |
収穫
先月末のことですが、じゃがいもの収穫を手伝いました。


もちろんお裾分けが目的で!
土を掘り返すとゴロッとじゃがいもがたくさん出てきて
大きいのや小さいの、「これは蒸かして」「これは煮っころがし」
と妄想しながら収穫しました。

初夏の夕方、近所の畑仲間さん達と今年の出来などいいながら
土と戯れて(ほんの2時間ぐらいだけど!)
心身ともにリフレッシュしました。

同じ畑にはまだ小さいスイカやブルーベリーなど
これからの生育が楽しみなものがいっぱいです。

収穫したばかりのじゃがいもは
蒸篭でふかして食べました。
塩をかけただけでも最高に美味しかった!!

S
| おでかけ | 20:18 | comments(0) | - |
今シーズン初登り
 

先週末、日光白根山に登ってきました。

最高のコンディションで、テンションが上がります。


行程のはじめのうちは、うっそうとした樹林帯が続きます。

静かな森の中に身を置くと、体中の毒気が抜けていくようで

すがすがしい気持ちになりますね。


樹林帯を抜けると、荒涼とした風景が広がります。

いくつか岩場を越えて、もうすぐ頂上です。


到着!

写真ではわかりませんが、頂上は狭くて

人でごったがえしている感じです。

どの顔も充実感にあふれた笑顔ですね。

見知らぬオジさん達と、お互いに写真を撮り合ったりして

とてもいい一体感

上の写真は尾瀬方面、看板の左手には燧ヶ岳


こちらは日光方面

中央に中禅寺湖と、左に男体山が見えます。

素晴らしい眺め。


そして、お楽しみのお昼タイム

右は一緒に登ったT君が作った、梅とツナと海苔の焼き飯

自然の中で食べると、何でもうまいですね。

すると、突然あらわれたのは・・・

シカでした。


M

| おでかけ | 01:41 | comments(2) | - |
今年最後の
 
今年最後の山登りは、埼玉県ときがわ町の堂平(どうだいら)山。
冬晴れの澄んだ空気の中、自然の中に身を置くのは気持ちがいいですね。

トレッキングコースは整備されていて、低山ながら頂上からの眺めは
とてもいいです。
近くには、両神山や武甲山などの秩父の山々が望めますし、
浅間山や谷川岳、赤城山、筑波山など関東の名山が見渡せます。
遠くには八ヶ岳もほんの少し見ることができましたし、
都心のビル群やスカイツリー(たぶん)も見えました。


山頂には堂平天文台(旧東京天文台堂平観測所)があります。
定期的に星の観測会が開かれていて、
近くにはログハウスやゲル(モンゴル式テント)があり
宿泊できます。(1・2月はお休みです)
暖かくなったら星を観に来ようかな。 

M
| おでかけ | 23:52 | comments(0) | - |
平成中村座
久々の歌舞伎鑑賞。
今回は平成中村座の昼の部を観て来ました。
役者さんを見上げるほど近い席だったので
迫力満天でした。
「寺子屋」では勘三郎さんに泣かされた〜。
場内もいたるところからすすり泣く音が・・・。
やっぱり中村屋さんは面白いなあ。
勘九郎襲名も楽しみ。

 

S
| おでかけ | 22:39 | comments(0) | - |
霧の秩父
 先週末、秩父に行ってきました。
夏の終わりの山登りですね。

三峰V.C.〜妙法ヶ岳〜霧藻ヶ峰〜白岩山の往復の予定。
心配していた雨は降らず、気持ちよく出発しましたが...
妙法ヶ岳の頂上。
ここは、三峯神社の奥の院になっています。
ガスっていて遠くの景色は見えません。
登山道もこのとおり、だんだん視界が悪くなっていきます。
樹林帯が多くて薄暗く、肌にまとわりつくような湿気があります。
そしてとても静かです。 ちょっと気味が悪い...。
そんなときに、ほかの登山者の方に出会うとなんだかうれしくなり
柄にもなくフレンドリーに話しかけてしまいました。
霧藻ヶ峰(きりもがみね)山頂です。
まさに霧が藻のように(?)広がってしまいましたね。
このころ雨が落ちてきました。

今回は悪天候のため、白岩山の手前で引き返すことに...
少し残念でしたが、自然のなかに身を置くのは気持ちがいいものですね。

M


| おでかけ | 22:59 | comments(0) | - |
| 1/3PAGES | >>